本文へスキップ

子どもの成長を見守ります

電話でのお問い合わせはTEL.0774-24-1551

〒611-0013 京都府宇治市莵道大垣内10番地

保育理念policy

方針

教育方針イメージ

将来、社会人として成長していく大切な芽たちが、自分の意志で、
自分の足で独り立ちできる基礎を身に付け、
社会に可愛がられる人格を形成する手助けをする。

本園では「しつけ」に重点を置いています。
一人ひとりの思いに寄り添い、子どもの最善の利益を最大限活かしたいと考えています。
良いこと、悪いこと、してはいけないこと、しなければならないことなど、いわゆる善悪是非について教えたいと思っています。


目標

目標イメージ
  • ・挨拶がきちんとできる
  • ・のびのびと遊び、遊びをとおして、いろいろな事を考える
  • ・人との関わり合いの中で話をよく聞き、自己を表現しながら他人の気持ちを大切にする
  • ・集団生活の中で、守るべきマナーや労りや思いやりの気持ちを大切にする
  • ・食事の習慣をとおして、挑戦する勇気と自然の恵みへの感謝の気持ちを培い、達成する喜びを学ぶ

当園は布おしめを使用しています


当園では、お子さんのお座りが安定したらトイレトレーニングを始めます。
  • ★0・1歳児…オマル
  • ★0・1・2歳児…乳児用トイレ(男の子は、2歳児から男の子用トイレ)
  • ★3歳児から…幼児用トイレ
このトイレトレーニングの過程で、当園では布おしめを使用しています。(※個人の成長や発達に応じて移行していくので、下記の年齢はあくまでも目安です)
  • ★0歳児…布おしめカバー
  • ★0・1歳児…トレーニングパンツ + 布おしめ
  • ★1歳児…トレーニングパンツ
  • ★1・2歳児…綿パンツ

また、1時間から1時間半間隔でトイレの時間を作り、個人の尿間隔を把握し、トイレトレーニングをしています。
そして、
  • ★オマルやトイレで排泄できたら、大いに褒めてあげる
  • ★失敗しても絶対に叱らない
  • ★手遊びなど楽しい環境作りをする
こういったことを実践することにより、「トイレに行くのがイヤ、嫌い」という環境を作らないようにしています。


紙おむつがスタンダードになっている現代で、何故あえて布おしめを使用しているのか?
布おしめだと、まだ言葉が出ないお子さんでも泣いて知らせたり、
ズボンやパンツを押さえて知らせてくれます。
やはり濡れている感触があり、気持ち悪いんですね。
これを繰り返すことにより、そのままパンツの中に排泄すると不快である気持ちが芽生えます。
この利点を活かし、当園では布おしめを利用し、
お子さんが早くおむつ離れできるよう尽力しています。


information

あさひ保育園

〒611-0013
京都府宇治市莵道大垣内10番地
TEL.0774-24-1551
FAX.0774-22-1268